採用内定

就職活動で採用内定をもらった人の多くはお礼状を書くようになりましたが、わざわざお礼状を書くことはないと思っているような人もいるといいます。お礼状の必要性については、それぞれの意見なので、一概にお礼状を書いた方が良い、書かなくても大丈夫とは言えません。就職活動の指南書などを調べてみると、中には面接の後にお礼状を書いた方が良いと説明している人もいます。

内定が出たらお礼状を書くべきだと主張している書籍の場合、会社側が抱く印象が、できるだけ好ましいものにしておきたいという価値観です。実際のところ、面接のお礼状が採否の結果に影響するということは、あまり聞いたことが無いのも事実です。よほどの小さな会社でない限り、お礼状などの必要書類とは関係ないものは、採用担当者のところまで届く事も少ないかも知れません。

もう既に企業からの内定は出ていますので、お礼状を出すか否かで状況が変化するわけではなく、だったら出さないほうが断然楽という考え方もあるわけです。内定の結果だけを考えてしまうと、就職のお礼状を書いて送付したとしても、採用担当の人に届かないと言う事も考えられます。就職のお礼状を書いて会社に送付するのは、無駄と考える人がいるのも理解できます。相手からの評価を期待してのものではなく、内定をもらえたことに対するお礼状は出すものだという価値観もあります。他の人が出しているのか、出していないのかも気になるところですが、最終的には自分で判断するしか方法はありません。必ず出さなければならないと決まっていることではないので、自分の気持ち次第で、お礼状を出すかどうか決めたら良いのではないでしょうか。任意整理の無料相談